cv | works | show & tell | | |
top-image

Web Assemblyすべきか否か

いつもよりもぐっとテクニカルな話。

Read more...

Frozen2

黎念願のFrozen2(アナ雪)を見るためにSouth Bayにいく。新しい映画館で綺麗だった。彼女の中で話の内容が理解できたかは謎だが、映画を通しで見れるようになった。

映像に関しては、黒ホリゾンが目立ったのと、第四の壁をクリストフがオラフ以上にが突破してくるので、男子はお茶らけキャラ、というか道化としての役目をしっかりこなしている所が気になりました。先月、ブロードウェイで見たからか、演劇的だと思った。

3DCG表現に関しては、固まった雪と水の表現に投資したんじゃないかと予想。

Read more...

ただいま

PCの環境が変わったのはいいけど、emacsの日記の設定を移行しなかったから、日記が思うようにかけず、たまった。結局道具に縛られている気がするが、日記はなんでもいいから書けばいいんだと思う。

Read more...

log 2019-11-03

川原さんが帰任されてPCの環境を色々かえ、そのせいで日記の更新が滞ってしまった。色々譲り受けたのでありがたい。環境を一から構築したので、色々変わった。日本でやった集団的意思決定の計算結果の発表をして、その後、日本人数名とお酒を飲む。 酔っ払った状態でAndresにチャリのプログラムについてプルリして就寝。

log 2019-10-02

City Science サミット 2 日目 Read more...

log 2019-09-29

東に向かういわゆるレッドアイで、一晩なくなる。不眠でとりあえずハンブルグ内を徘徊し、KFCの辛いフライドチキンを食べる。 一ヶ月近くラボメンバーと話せてなかったので、色々アップデートする。 PHDは暗中模索だけど、いつのまにか人文知に興味が湧く。負債論も面白いし、外山滋比古もすごく参考になる。小川さやかさんのチョムキンマンションのボスは知ってるも凄く面白かった。なんというか、一歩づつだけどブロックチェーンとかインフォーマルなとその周りで語られてきたスマートネスに対する知見が増えてきた。大体何かを勉強して表面を舐めるのに三ヶ月かかるんだけど、この三ヶ月も前進してる意識は持てている。論文というよりは本ベースだけど。

log 2019-09-28

エディターシップは読み通してからハンブルグ行きたいいと思ってたけど、追いつかず積読。ハンブルグには負債論を無理して持っていくことに、あんなに厚ければ多分困らないでしょう。 朝はハンブルグの用意、その後黎の音楽教室、日本で体験してあんまりなじまなかったみたいだけど、僕とみのり、あとおそらく黎も楽しんでたので、続けようかなと思った。 そのあとラーメンを食べにいき、予定ぴったりで空港に行く。今回の視察の大半が今日出立のようで、仲良し修学旅行のごとくフランクフルト経由でハンブルグに向かう。

log 2019-09-27

お昼は日本から一ヶ月半くらい滞在していた大学生のモトさんとごはん。ほとんど僕が日本にいたからあまりコミットできず。がんばってください。 エディターシップは読み通してからハンブルグ行きたいな。

log 2019-09-26

日本から帰ってきてなんかダラダラしていたので、一日オフを取ることに。いつも基本的に好きなことしかしていないんだけど、それもせずずっと座ってた。

log 2019-09-25

外山さんのエディターシップを読み始める。異本論は論というだけあって、論じているが、エディターシップはもうすこし教育的側面がある。 時代をおさらいしておくと、エディターシップは1975年、異本論は1978年とほぼ同時期。よく79年に日本でニュージャーナリズムが流行った感じでしょうか。 ざっくりだけど、60年代に色々つうじるところがあって、好きだったんだけど、少しだけアメリカに触発されたのかそこから実時間を伴って70年代も少し覗き見するようになった。 川原さんの送別会をalewifeのsummer shackにて、5年目にして初。
1 / 11