cv | works | show & tell | | |
top-image

メモの取り方に関するメモ[現状の整理]

組織論の宿題の読書を終わらせる。今月末に日本に出張のため帰国するので、授業の宿題を前倒し中。

思考の整理術的なメタ投稿

Read more...

今季の履修授業

もう残り少ない学生期間(願い)ですが、今学期は二つ授業をとることにしました。

Read more...

[レビュー] 「高速道路計画におけるグラフィック・テクニックに関するスタディ」 6

レビューそのものは終わりましたが、これにちょっと書き足せば、デジタルデザイン前史になるじゃないと思い、継ぎ足します。日本やその他の国でのアレグザンダーの影響がアメリカに比べてずっと息が長いと思っているのですが、その理由はアメリカでは早々にライオネル・マーチなる学者がアレグザンダーを批評したことにあると僕は考えます。

Read more...

春学期 授業ショッピングウィーク [分散システム]

今日は分散システムの授業を聞きにいけました。なんでの弁明投稿はまたいつか。

Read more...

[レビュー] 「高速道路計画におけるグラフィック・テクニックに関するスタディ」 5

アセンブリ言語で作られたプログラムから出力されたツリーダイアグラムが出来ました。それは大変よろしいのですが、どうやって使うんでしょうか。

Read more...

春学期 授業ショッピングウィーク [集合知]

MITではIAPが終わり、大学の授業の一周目が始まりました。どの授業を取るか学生が物色する時期で、博士なので、そんなに取る必要ないのですが、研究に関係あるものは取るようにしています。今日は集合知の授業聞いてみた。

Read more...

[レビュー] 「高速道路計画におけるグラフィック・テクニックに関するスタディ」 4

ツール構造のグラフの作り方。

複雑な問題を要素に分解することで解きやすくなるということで、物事を要素に分けて考えましょうということです。複雑系科学1はまだ出てこないので、ずいぶん素直に要素分解していこうと言い切っています。

Read more...

[レビュー] 「高速道路計画におけるグラフィック・テクニックに関するスタディ」 3

高速道路論文のレビューその3

いよいよ重ね合わせ、あるいは統合論です。今回はなんで単純に重ねちゃダメなのという問いに対するアレグザンダーの回答です。

Read more...

[レビュー] 「高速道路計画におけるグラフィック・テクニックに関するスタディ」 2

高速道路論文のレビューその2

Read more...

[レビュー]「高速道路計画におけるグラフィック・テクニックに関するスタディ」1

日本とテレカンしてたときに、ふとレファレンスとして出したこの忘れられた伝説の報告書について、この投稿は前段として、内容に踏み込まず、この論文自体の背景と概要のご紹介です。

磯崎新さんの『建築の解体』(1975)に載ってるのかと思ったけど、ちゃんと乗ってるのは『空間へ』(1971)の都市設計のプロセス?に乗ってるんだと復習。日本に置いてあって手軽に見れない。

結論を申し上げると、昨今のマッピング系計画手法で、結局これを超えるものは出ていないんじゃないかって思いました。

Read more...
1 / 13